忍者ブログ

将棋定跡研究所

将棋の面白さはユニーク戦法にあり! トップを目指しながら新戦法を開発中。 「定跡裏街道」というユニークな新戦法を紹介する書籍を電子出版しています。

△3三飛戦法 - 飛車先をいきなり詰められても升田式石田流には組める!

初手から▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩(第1図)と進んだ事はないでしょうか。プロ間ではいきなり飛車先を詰める形はほとんど指されませんが、アマ間ではたまにあります。第1図は升田式石田流を得意とする人にとっては一番嫌な序盤戦略かも知れません。しかし第1図からは本当に升田式石田流に組めないのでしょうか? 実は結構面白い組み方があるんです。



第1図から升田式石田流に組む場合、△8八角成▲同銀△2二銀▲4八銀△4二飛(第2図)と、自分から角交換をして途中下車をした後、△6二玉~△7二玉~△3二飛と升田式石田流を目指す方法が真っ先に思い付きます。しかしこの方法では仮に組めたとしても4手損なので、さすがに手損が響くかも知れません。また▲3六歩を突かれると、手損が残った上に升田式石田流にも組めません。



そこで第1図では△2二銀といったん待機し、▲4八銀に△3二飛!(第3図)とします。何とも凄い駒組みですが、これで升田式石田流に組め…る事もあります(笑)。



第3図は▲3三角成△同銀▲6五角(第4図)で終わってるじゃないかと思う人もいるかも知れませんし、事実▲3三角成と突っ込んでくる人が多いのですが、▲3三角成には△同飛!(第5図)で受かっています。この形が△3三飛戦法の由来です。第5図なら▲6五角はありませんね。




第5図で私がよく指されるのは①▲1五角、②▲7七角、③▲2四歩です。
それ以外の手ならば△6二玉~△7二玉~△3五歩~△3四飛として升田式石田流に組めます。それぞれ見てみましょう。

第5図以下の指し手①▲1五角


①▲1五角は一瞬ひやっとする手で、要注意の手です。飛車角交換が避けられずに後手苦しいかもと思いそうなところですが、△4四角(第6図)と打ち返せば▲9九角成が受けにくく後手良しです。



第5図以下の指し手②▲7七角


②▲7七角には△3二飛と飛車を引いておきます(第7図)。先手に角を使わせて後手には何も不満がありません。



第5図以下の指し手③▲2四歩


③▲2四歩には△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛(第8図)と飛車を追い払った後、△6二玉~△7二玉~△3五歩~△3四飛(第9図)とすれば、2手損の升田式石田流に組む事ができます。ちなみに升田式石田流では2筋を交換された形は必ずしも損という訳ではなく、△2四飛とぶつける手も、△2四歩と2筋を逆襲する手もあります。
また2手損くらいならば升田式石田流ではそれほど問題になりません。この辺の事情や指し回しについては 定跡裏街道~角交換振り飛車編~ で紹介しているので、興味がある方はご覧ください。




本音を言うと△2三歩では△3二金と欲を出してポイントを稼ぎたいのですが、▲6六角(第10図)が厳しく、若干無理気味なので注意が必要です。もっとも△2三歩で確実に升田式石田流に組めるのですから、不満はないと思います。



結論としては第3図から先手が▲3三角成としてくれば升田式石田流に組めて不満なし、という感じです。第5図までに先手が変化する余地もあるので必ず升田式石田流に組める戦法という訳ではないですが、結構高確率で組めますし、先手に変化されて組めなかった場合でも互角にはなると思ってます(ここ重要)。という事で、定跡を外したい人や、面白い将棋を指したい人にとっては、△3三飛戦法は結構面白い戦法ではないかと思います。
あまり細かい事を言っちゃうとつまらないので、是非色々アレンジして使ってみてください。

PR

コメント

1. 質問

6手目に△2二銀入れずにダイレクトに△3二飛とすると、飛車角交換になって後手がやはりまずいのでしょうか?

2. Re: 質問

> 6手目に△2二銀入れずにダイレクトに△3二飛とすると、飛車角交換になって後手がやはりまずいのでしょうか?
それは考えていませんでした!
急遽考えてみましたが、▲3三角成△同飛▲6六角で後手苦しい気がしますね。
飛車二枚 vs 角二枚の戦いは、飛車二枚のほうがかなり良いです。

3. Re:Re: 質問

そうですかー。
角2枚手持ちにしていても、そういう形勢判断なのですね。
返信ありがとうございました。

ブログ内検索

出版しました!

最新コメント

[06/21 管理人]
[06/21 Rocky-and-Hopper]
[05/31 bewater]
[05/31 bewater]
[05/31 管理人]