忍者ブログ
将棋の面白さはユニーク戦法にあり! トップを目指しながら新戦法を開発中。 DL-MARKETで「定跡裏街道」というユニークな新戦法を紹介する書籍を電子出版しています。
ブログ内検索
最新コメント
[06/21 管理人]
[06/21 Rocky-and-Hopper]
[05/31 bewater]
[05/31 bewater]
[05/31 管理人]
P R
プロフィール
HN:
管理人
性別:
男性
自己紹介:
アマ将棋界で幅狭く活躍中。最近大会に出場気味の将棋大好き人間です。

2006 ... 大学個人戦関東ベスト16
2007~2011 ... 一時離脱 ^^;
2012 ... アマ竜王神奈川ベスト8、赤旗名人戦神奈川地区予選通過

もっと上を目指します。
バーコード
アクセス解析
忍者アナライズ
PR
25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正月はたくさん棋譜並べをしていました。まとめて棋譜並べをすると、こんな棋譜があったのかと時々見落としていた棋譜に気が付かされるのですよね。棋譜探しは難しいです。

今回は裏立石を語るに当たって重要な棋譜として、以下の棋譜を発見しました。

駒組みは全然違うのですが、最終的には裏立石っぽい形になっています。裏立石の一つの狙いでもある4筋交換の威力を知るには 2012-07-19 第70期順位戦 田村康介 vs 杉本昌隆 は、とても参考になります。

2012-02-14 第70期順位戦 及川拓馬 vs 中村亮介 は構想力が凄いですね。似たような構想は 定跡裏街道~角交換振り飛車編~ の中でも、引き中飛車という戦法の一変化として紹介しているのですが、それと同様の構想をこの形に応用したのは凄いです。結果は残念でしたが、こういう将棋を見るとワクワクしますね。

正月早々に良い棋譜を見ました。

一月も半ばですが、明けましておめでとうございます。今日の本題はツノ銀。でもツノ銀を指す人、最近いませんね。私は第1図のような形を昔研究していた事もあり、ツノ銀対居飛車穴熊はだいたい互角と思っているのですが、玉形が薄過ぎる事から第1図のような△6三銀型のツノ銀は指す人が減ってしまった印象があります。有力だと思うのですけどね。



と書いていたら、新年早々プロ間でもツノ銀が登場している事に気が付きました。2013-01-08 第71期順位戦 西尾明 vs 矢倉規広。これは珍しい! ただ今回はこの棋譜については語らず、最近閃いた新しい指し方を紹介してみます。

初手からの指し手


▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲4八銀△4二銀▲5六歩△5二飛▲5八金右△6二玉▲6八玉△7二玉▲7八玉△8二玉▲2五歩△3三角▲5七銀△7二銀▲7七角△5四歩▲8八玉△4三銀▲9八香(第2図)



第2図までの駒組みは先後共に様々な変化の余地がありますが、最も遭遇頻度の高そうな形を取り上げてみました。

△8四歩!▲9九玉△8三銀▲8八銀△7四歩▲7九金△7三桂(第3図)



先手が▲9八香と穴熊を目指した手を見て、△8四歩~△8三銀と銀冠を目指すのが新しい構想です。至極単純な構想ですが、これにより後手から様々な仕掛けが生まれ、また守りの銀が戦線から遠ざかった事で玉も固くなっています。第3図までの駒組みは端歩が突いてないため若干奇異に見えるかも知れませんが、駒組みを急ぎたいので省略しています。ところで銀冠の構想について補足しておくと、左美濃(または位取り)対銀冠ツノ銀のプロ棋譜は結構あります。ただし居飛車穴熊に対して銀冠で立ち向かう指し方は見つかりませんでした。

第3図以降は先手が▲6六銀型の穴熊を目指すか、▲6六歩型の穴熊を目指すか、また後手が攻撃を主体にするか、守備を主体にするかで大きく指し方が変わってきます。つまり典型的な指し方が合計4パターン考えられます。今回は狙いの一番わかりやすい▲6六歩・後手攻撃型を紹介してみます。

▲6六歩△7二金▲6七金△9四歩▲3六歩△9五歩▲5九角△4二角(第4図)



後手は先手が▲3六歩と突いた形、▲5九角と引いた形を見て△4二角とするのがポイント。△4二角はどこかのタイミングで△6四角と出る事を狙った手で、この筋が銀冠ツノ銀の一つの狙い筋となっています。角出を見せられた先手は意外と手が難しいです。
ただしあまり早い段階で△4二角とするのは▲8六角(第5図)とぶつけられて意外と冴えません。陣形を整備しながらじっと端歩で力を蓄え、先手が角を引くまで端歩でプレッシャーをかけ、手数の調整をするのが良いと思います。



第4図からも色々な変化が考えられ簡単ではないですが、私はツノ銀側を持ってみたいです。何十局か指してみたのですが、通常のツノ銀より押さえ込みやすく玉も固いので、かなり指せる印象があります。

ツノ銀、復活するかな?

定跡裏街道~角交換振り飛車編~ で紹介したノーガード四間穴熊について質問を頂いた(1, 2)ので、その解答です。ちなみに 2 のリンクでは ID: ura_jouseki_tou で回答しているのが私です(本人確認のため一応)。

ノーガード四間穴熊は、門倉先生も指した事のある角交換四間飛車です。戦法の紹介の中で、プロの実戦譜(2011-08-02 東急将棋まつり ▲門倉啓太△佐々木勇気)を変化の一つとして取り上げています。実際に紹介しているのは先後が入れ替わった形で少し異なるのですが、問題となっているのは図1です。



書籍中で図1は後手十分と書いているのですが、▲1一馬△2九飛成▲4四馬△1九龍▲5九銀(第2図)で先手良しではないかという質問です。ちなみに著者の意図としては図1から▲1一馬△2九飛成▲4四馬△4二飛(第3図)を考えていました。



第3図から▲3三馬なら△2二角▲4二馬△1九角成が厳しく後手十分。▲4三銀などの合駒はすべて△同飛~△6六桂があります。そこで第3図では▲7七馬ですが、△1九龍と駒を拾っておき、▲5九銀なら△4六歩▲同歩△同飛(第4図)として次の△6六桂を狙ってどうかと思っていました。



ただ何にせよ後手十分というのは肩入れし過ぎでしたね。ご容赦ください。^^;





ところで執筆時には気が付いていなかったのですが、後々まったく別の受け方がある事に気が付きました。ちょうど良い機会なので、その手順を合わせて紹介したいと思います。
まず第1図に至る手順で先手が▲3三角と打つ局面があります(第5図)。第6図以下△6二飛▲2二角成△2一金▲同馬△2八飛とすると第1図に戻るのですが、△6二飛に代えて△4五角(第6図)という手がありました。これが滅法受けにくい。



第7図では①▲8八玉、②▲6七金、③▲5六歩(▲5六桂)が考えられるので、それぞれ書いてみます。

第6図以下の指し手①▲8八玉


①▲8八玉には△8九角成▲同玉△7七桂▲7八玉△6九桂成▲同玉△6二飛(第7図)と進めます。最終手は△4一飛もありそうです。第7図は第1図より玉形を乱しているぶん後手がかなり得をしています。難解ですが、一方的に攻める事ができそうなので後手を持ちたいです。



第6図以下の指し手②▲6七金


②▲6七金には△4三飛▲2二龍△同金▲同角成△4九飛(第8図)と進めて後手十分です。
最終手△4九飛では△2八飛も考えられるのですが、▲3二馬△4八飛成▲5八金打(第9図)で紛れるので、△4九飛のほうが良いかと思います。



第6図以下の指し手③▲5六歩


そこで③▲5六歩△同角▲6七桂(単に▲5六桂でもほぼ一緒)と受けるのが良さそうという事になりますが、対して△4一飛(第11図)と進めると、先手に桂馬を打たせているため、これも第1図より後手がかなり得をしているように思います。
以下△4一飛▲2二龍△同金▲同角成△6五角(第12図)などと進めて、難解ですがこれも後手を持ちたいです。



「…こんな変化があったとは!」と後々気が付いたので、是非こちらの手順も活用してみてください。

最後になりますが、どうやら門倉流の変化が今月の将棋世界の付録に解説が載ったみたいですね。将棋世界は手元にないので確認できないですけど、今回書いた変化や以前の変化についてどのような見解になっているかは気になるので、いずれ読んでみたいと思います。

将棋世界 2013年 01月号 [雑誌]
将棋世界 2013年 01月号 [雑誌]

載っているのはこれみたいですね。

初手から▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩(第1図)と進んだ事はないでしょうか。プロ間ではいきなり飛車先を詰める形はほとんど指されませんが、アマ間ではたまにあります。第1図は升田式石田流を得意とする人にとっては一番嫌な序盤戦略かも知れません。しかし第1図からは本当に升田式石田流に組めないのでしょうか? 実は結構面白い組み方があるんです。



第1図から升田式石田流に組む場合、△8八角成▲同銀△2二銀▲4八銀△4二飛(第2図)と、自分から角交換をして途中下車をした後、△6二玉~△7二玉~△3二飛と升田式石田流を目指す方法が真っ先に思い付きます。しかしこの方法では仮に組めたとしても4手損なので、さすがに手損が響くかも知れません。また▲3六歩を突かれると、手損が残った上に升田式石田流にも組めません。



そこで第1図では△2二銀といったん待機し、▲4八銀に△3二飛!(第3図)とします。何とも凄い駒組みですが、これで升田式石田流に組め…る事もあります(笑)。



第3図は▲3三角成△同銀▲6五角(第4図)で終わってるじゃないかと思う人もいるかも知れませんし、事実▲3三角成と突っ込んでくる人が多いのですが、▲3三角成には△同飛!(第5図)で受かっています。この形が△3三飛戦法の由来です。第5図なら▲6五角はありませんね。




第5図で私がよく指されるのは①▲1五角、②▲7七角、③▲2四歩です。
それ以外の手ならば△6二玉~△7二玉~△3五歩~△3四飛として升田式石田流に組めます。それぞれ見てみましょう。

第5図以下の指し手①▲1五角


①▲1五角は一瞬ひやっとする手で、要注意の手です。飛車角交換が避けられずに後手苦しいかもと思いそうなところですが、△4四角(第6図)と打ち返せば▲9九角成が受けにくく後手良しです。



第5図以下の指し手②▲7七角


②▲7七角には△3二飛と飛車を引いておきます(第7図)。先手に角を使わせて後手には何も不満がありません。



第5図以下の指し手③▲2四歩


③▲2四歩には△同歩▲同飛△2三歩▲2八飛(第8図)と飛車を追い払った後、△6二玉~△7二玉~△3五歩~△3四飛(第9図)とすれば、2手損の升田式石田流に組む事ができます。ちなみに升田式石田流では2筋を交換された形は必ずしも損という訳ではなく、△2四飛とぶつける手も、△2四歩と2筋を逆襲する手もあります。
また2手損くらいならば升田式石田流ではそれほど問題になりません。この辺の事情や指し回しについては 定跡裏街道~角交換振り飛車編~ で紹介しているので、興味がある方はご覧ください。




本音を言うと△2三歩では△3二金と欲を出してポイントを稼ぎたいのですが、▲6六角(第10図)が厳しく、若干無理気味なので注意が必要です。もっとも△2三歩で確実に升田式石田流に組めるのですから、不満はないと思います。



結論としては第3図から先手が▲3三角成としてくれば升田式石田流に組めて不満なし、という感じです。第5図までに先手が変化する余地もあるので必ず升田式石田流に組める戦法という訳ではないですが、結構高確率で組めますし、先手に変化されて組めなかった場合でも互角にはなると思ってます(ここ重要)。という事で、定跡を外したい人や、面白い将棋を指したい人にとっては、△3三飛戦法は結構面白い戦法ではないかと思います。
あまり細かい事を言っちゃうとつまらないので、是非色々アレンジして使ってみてください。

初めて赤旗名人戦に参加したのですが、神奈川県本戦では初戦から超強豪に当たって、華麗に負かされてしまいました。もっと実力を付けないと、と感じさせられる大会でした。精進します!

さて、裏立石 (1) 一手損角換わりから無理矢理に立石流四間飛車 の続編です。

前回紹介した裏立石ですが、前回取り上げた第5図(初手から▲2六歩△3四歩▲7六歩△3二金▲2五歩△4四歩▲2四歩△同歩▲同飛△4五歩!の局面)から考えていきたいと思います。前回は第5図からの急戦として、①▲34飛、②▲22角成、③▲5八金右、④▲6八玉について考えましたが、いずれも後手も十分指せる分かれになりました。
そこで今回は⑤▲28飛からの持久戦について考えてみたいと思います。第5図のような不思議な駒組みをする利点も、その過程で紹介します。



第5図以下の指し手⑤▲2八飛


▲2八飛には△4二飛(第19図)として立石流四間飛車を目指します。△2三歩と受けて通常の立石流にしてしまっても良いのですが、受けたくなるところをあえて受けないのがポイントです。以下▲6八玉△6二玉▲4八銀△7二玉▲7八玉△8二玉▲5八金右△7二銀▲9六歩△9四歩(第20図)と、2筋を受けずにさらに駒組みを進めます。



4筋の歩交換を見せて先手陣に制約をかける


まずは第20図まで進めてみた際に、通常の立石流四間飛車と異なる点に気が付いたでしょうか。2筋を受けていないのは当然違う箇所ですが、もう一つ大きな違いとして、後手がいつでも△4六歩から4筋の歩交換ができるようになっているのです。通常の立石流四間飛車では、先手が舟囲いから急戦にする場合(第21図)などを除けば、4筋で手を作られるのが面倒なのでまず間違いなく後手の4筋の歩交換を防ぎます(第22図)。
しかし裏立石では第5図の段階で後手が4筋の歩交換をする権利があります。先手が第22図のような持久戦を狙ってくれば、4筋の歩交換をする事で先手の陣形を大きく乱すことができます。つまり4筋の歩交換を常に見せる事で、先手陣に制約をかけているのです。どうでしょう、なかなか面白い戦法に思えてきませんか?



2筋を受けずにポイントを稼ぐ


ところでなぜ2筋を受けないかですが、これは先手が▲2四歩と攻めて来た瞬間に△8八角成▲同玉△2二歩(第23図)としたいからです。
第19図で△4二飛に代えて△2三歩と受けてしまうと(瞬間的に)飛車先を無条件で切られた格好になってしまいますが、第23図は先手に歩を打たせて不満がない事がわかると思います。後手は先手が▲2四歩と打つまでは2筋は受ける必要がないのです。



後手が△2三歩と受ける必要があるのは、第24図のように先手が角道を止めて来た場合です。この場合は▲2四歩に△8八角成の筋が消えたため、さすがに△2三歩と打つよりないです。△2三歩と打つのは癪ですが、それ以上に先手に角道を止めさせた事が大きいです。
第23図と第24図はどちらも遭遇頻度の高い形ですが、今回は△2三歩を打たない理由の紹介として、第23図以降の指し方を詳しく紹介します。

第23図以下の指し手


▲7八銀△3五歩▲5六歩△4四飛▲6六歩(第25図)



第23図以下は通常の立石流と同じように駒組みします。先手は様々な囲い方が考えられますが、最も手堅い駒組みは本譜の左美濃でしょう。後手は△4六歩と仕掛ける手も考えられるのですが、▲5八金右・▲4八銀の二枚で守っているところを攻めるのはあまり効果がありません。4筋の歩交換は、第26図のように先手の守り駒が少なく▲5六歩や▲3六歩などの離れ駒がある時にするのが良いでしょう。ここでは△4四飛と浮き飛車にするのが良いです。

迎えた第25図。一見何もなさそうな局面ですが、ここで後手に渾身の一手があります。

△3三角!(第27図)



角を手放してしまうため少し抵抗があるかも知れませんが、これで後手十分です。後手は飛車の打ち込みに強く、飛車交換をすればどうにでもなる形なのです。一方先手は飛車交換を防ぐ手がありません。この仕掛けは実は第23図の段階から防ぎにくく、先手にあえて▲2四歩を打たせる理由にもなっています。高度なハメ手のような手順なので私も実戦でこの変化になった事はあまり多くないのですが、この順が決まった時は結構嬉しくなります(笑)。

今回紹介した裏立石は、結構激しい変化になる可能性もあるので少し敷居の高い戦法でしたが、次の記事ではもっと手軽に利用できる新戦法を紹介します。

Copyright c 将棋定跡研究所 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]
PR